遺言のご相談

残された財産の分配の話し合いで紛糾する事は珍しくありません 遺産分割等の調停で家庭裁判所は多忙になっています。生前に財産の相続人を遺言としておくと安心です。 それには、『公正証書遺言』が最適です。例えば、子供がいない夫婦間で、夫が死亡したとします。 夫には兄弟がいる場合、相続人は妻と夫の兄弟になりますが、その不動産を妻名義に変更する場合、 『遺産分割協議書』という書類を作成しなければなりません。 しかし、現状は残された妻と夫の兄弟関係の間柄から金銭にも絡む問題ですので、なかなかうまく解決しずらいのが現状です。 そんなトラブルを回避する為に、夫の生前中、公証人役場にて〝妻へ相続させる〟旨の『遺言書』を作成しておく事により その不安は解消できます。